これからママになる女子のために

【禁煙して元気な子どもを】

たばこを吸うと末梢血管が収縮するだけでなく、子宮の収縮や血流の悪化が起こり、赤ちゃんが酸素不足や栄養不足に陥ります。
そのため、たばこを吸うと不妊や早期破水、前置胎盤、胎盤異常、さらに早産が起こりやすくなります。
赤ちゃんの成長が制限されたり、低出生体重の原因となる場合も。
生まれた後も乳児期には、乳児突然死症候群(Sudden Infant Death Syndrome:SIDS)の原因となります。
このほかに、子宮外妊娠、自然流産、口蓋裂などのリスクも抱えることになります。
また、自分は吸っていなくても、周りにたばこの煙がある場合は、受動喫煙によるダメージも考えなければいけません。
たばこから自分の身を守りましょう。